請輸入關鍵詞開始搜尋
February 15, 2024

華人系フランスの画家チュ・ドクンの回顧展がヴェネツィアで開催されます。

by

朱徳群(1920-2014)の回顧展「星雲」は、今年の4月20日から6月30日まで開催されます。この展覧会は、第60回ヴェネツィア国際美術ビエンナーレと同時に開催されます。展覧会は、ヴェネツィアのサン・マルコ広場の向かいにあるサン・ジョルジョ・マッジョーレ島で開催され、美術史家Matthieu Poirierがキュレーターを務めます。これは、近年、華人フランス人画家朱徳群のために開催された最も重要な展覧会です。

本展示では、パリ現代美術館から借り受けた大作品など、多くの貴重な油絵作品を通じて、1955年以来約50点の象徴的な作品を制作してきた朱徳群の作品を鑑賞することができます。朱徳群はこの年にパリに永住し、西洋の前衛芸術に接近しました。キュレーターで美術史家のマティュー・ポワリエが執筆した朱徳群の新しい専門書は、フランスの有名な出版社Editions Gallimardによって、この展示と同時に出版されます。

展示は、朱徳群の油絵作品を時間の逆順で展示し、大規模な作品から小規模な作品までを紹介します。シーンは360°で設計され、同じ空間の3つの建築レベルで作品が展示されます。展示ホールの独特な多層構造設計は、画家の描いた星雲のようなイメージを完璧に表現し、共感を生み出します。展示ホールのレイアウトの別の動機は、過去に朱徳群の作品を鑑賞する視点を変えることです。芸術評論家や機関の視点は、画家の東西の二元性に焦点を当ててきましたが、これは今日でも意味を持っていますが、彼の美学的視点を理解し、歴史的共感を持つことを妨げるべきではありません。最も現代的な創作においても、彼の芸術的源泉を見つけることができます。

延伸読み:

Share This Article
No More Posts
[mc4wp_form id=""]