請輸入關鍵詞開始搜尋
February 20, 2024

陳麗雲大型装置艺術《编织对话》首次在香港 M+展出

by

香港のアーティスト、陳麗雲による紙で編まれた大規模なインスタレーション作品「編まれた対話」は、2024年2月17日からM+フォーカススペースで展示されます。この作品は、女性の労働、個人と集団の記憶、素材の変容、時間などについて考えます。

作品は2013年に初めて展示され、その時観客は自分の大切な本を持参し、その本の意味を共有しました。陳麗雲は本を読み終えると、その本のページを細かく裂き、”糸”に変えて作品に編み込みました。本は作者の知識、経験、世界観を含んでいるだけでなく、読者の心境も反映しています。陳麗雲は観客との対話を作品に編み込み、そこから空間を構築し、お互いの時間を共有し、感情や考えを共有し、言語、政治、文化、性別の壁を越えた、親密で新しいつながりを築きました。

2013年から、「編織対話」は継続的に発展し、世界中から300人以上のクリエイターが参加しています。アムステルダム、バンコク、ベルリン、クラスノヤルスク、クアラルンプール、ラサ、ロンドン、メルボルン、モスクワ、パリ、フィラデルフィア、ソウル、上海、東京、トロントなどから参加しています。作品は最終的に16メートルに及び、2017年にロサンゼルスで開催された展示会で完成しました。これは作品が完成してから香港で初めて展示されることになります。陳麗雲は元々ファッションデザインを学んでおり、彼女の作品は人間、環境、素材、記憶の関係に焦点を当てています。2003年から、彼女は切り刻まれた本、地図、辞書を素材として、彼女の特徴ある編み物作品を制作してきました。この制作方法は後に、参加型で展示要素を持つ一連のオープンなアートプラクティスに発展しています。

関連記事:

Share This Article
No More Posts
[mc4wp_form id=""]